グルテンフリーが大好きな私が医学部予備校を厳選紹介!

( 更新日:2020/11/24)

★九州で本気で医師を目指すなら全寮タイプの医学部予備校があります!★

2017.12.27

太宰府アカデミー

九州で全寮制と言えば、北九州予備校が有名です。ただし、医学部を目指すのであれば全寮制の医学部予備校と言う選択肢もあります。福岡にある太宰府アカデミーは全寮制を採用する全国でも数少ない医学部予備校です。特に九州圏内の医学部に強く、福大や久留米大はもちろんのこと、九大から熊大、長大など国公立を目指すことも可能です。受験勉強に専念できる環境作りを徹底しており、寮内へのパソコンやDVDプレーヤーの持ち込みは禁止されておりテレビはもちろんありません。また、講義に出席していない者には必ず連絡して状況確認を行うという医学部予備校の中でもかなり厳格なほうです。医学部入試は超難関と言われるので、目指すならこれくらい厳しいほうが悔いなく勉強できると人気があります。また、校舎のある施設内に寮を併設しているのが特徴で、校舎外の寮に関しても徒歩2分という距離なので女性でも夜遅くまで勉強することができます。もちろん、365日24時間体制で生活面からサポートしてくれるので、親元離れて暮らす場合でも安心・安全です。太宰府アカデミーでは、医学部予備校の中でも授業を重視しており、少人数制クラスによる対話型の授業を実施しています。講師から頻繁に答えや意見を求められるので、緊張感をもって授業に臨むことができるだけでなく、その場で理解していくことができます。また、個別指導で別途対策して苦手克服なども実現させています。厳しい寮生活をイメージしがちですが、スポーツやイベントなど多彩な企画用意されており、程度にリフレッシュしながら勉強できるため、通塾タイプの医学部予備校よりもモチベーション維持が容易だったりします。また、寝食を共にしながら医学部という同じ夢を目指して頑張るため、生徒同士の結束力は固くお互い切磋琢磨しながら勉強できる理想的な環境があります。九州で医学部予備校を探している受験生、あるいは厳し環境に身を置いて確実に医学部合格を目指したい受験生は太宰府アカデミーを候補に入れてみてはいかがでしょうか。

★関西4私大を目指すなら大阪の医学部予備校が一番★

2017.11.07

大阪の医学部予備校

医学部予備校は東京だけでなく全国各地に実績豊富な校舎があることを紹介してきました。もし、志望する医学部が関西にある場合は大阪の医学部予備校がおすすめです。関西の中でも大阪は医学部予備校の数が多く東京に次ぐ激戦区となっています。キタと呼ばれる梅田とミナミと呼ばれる難波の周辺に多くの校舎があるので、大阪のみならず、関西圏からの通学も可能です。関西には旧帝大をルーツに持ち国内外でトップクラスの実績を誇る京都大学と大阪大学の医学部があります。また、大阪医科、関西医科、近畿、兵庫医科の私立4医科大学もあります。特に、関西の私立大学医学部は人気が高く、第一志望としている受験生も少なくありません。そんな受験生は東京の医学部予備校に行くよりも大阪の方が都合は良かったりします。それは、地理的なメリットを享受できるからです。大阪の医学部予備校に通っていれば、関西の医学部が企画する入試説明会やオープンキャンパスには手軽に足を運ぶことができます。入試説明会やオープンキャンパスに参加することで学習設備や環境などを確認できると同時に勉強へのモチベーションも高まるので志望校ならぜひ参加したいところです。遠方に住んでいると日帰りも困難だったり、学校の授業との兼ね合いもあって参加できない可能性があります。しかし、大阪の医学部予備校だったらアクセスが良いので授業の合間を縫って参加することも不可能ではありません。これは、受験の際も同様のことが言えます。前日から大阪入りして慣れないホテルで試験前夜を迎えるよりも、いつもの慣れ親しんだ寮で最後の対策を行い、翌日の本番に臨んだほうが自分の実力を発揮できたりします。もちろん、大阪にある医学部予備校は地元の大学を目指す受験生が多いため、自ずと実績やノウハウが豊富となります。大学別講座も関西の医学部は網羅しているなど、志望校に向けてしっかりと対策できる環境が整っています。よって、関西にある医学部が第一志望の人は、大阪の医学部予備校から探していくと良いでしょう。

★東京ではなく地方の医学部予備校に行くメリットとは?★

2017.10.16

地方にある医学部予備校

前回は、東京の医学部予備校について紹介しましたが、今回は地元の医学部予備校をテーマに解説していきたいと思います。東京は医学部予備校の数で言えば全国1位であり、豊富な選択肢が用意されています。いっぽう、地方の医学部予備校となると1校あるかないかの地域も少なくないでしょう。この場合は選択肢が限られており、自動的に医学部予備校が決まってしまいます。ただし、学習環境や講師との相性が悪くなければ意外とメリットも多いです。まず、地元の医学部予備校は地元の大学対策が充実しており、地元にある医学部を目指す受験生にとっては魅力だったりします。長年、地元の医学部対策を徹底していることから他県の医学部予備校に比べて情報量やノウハウが豊富だったりします。地方在住の受験生は地元の医学部を目指す人も多いので、もし第一志望が県内にある場合は地元にある医学部予備校で勉強するのも1つの方法です。東京の医学部予備校に通うとなると寮費が発生するので学費も高額化してしまいます。通塾できる範囲内になるのであれば通学定期代くらいで済むので、経済的負担が抑えることも可能です。また、拠点を移すということは馴れない環境下で勉強を始めなければならないため、その分ストレスなど精神的苦労も増えてしまいます。住み慣れた環境下で勉強するのがやはり一番です。ただし、地元の医学部予備校と相性が悪い場合は学習環境を変えたほうが良いです。医学部入試はどの科目でも高度な学力が要求されるため、効率よく学べる環境でないとなかなか合格レベルまで学力を上げることは難しいです。また、志望校が地元ではない場合は、第一志望の大学がある地域で学ぶのも良いでしょう。そのほうが情報量は豊富で、有利に対策を進めることができます。超難関試験を突破する必要があるため、環境選びは重要です。地方の医学部予備校だからと言って講師力やサポート力が劣ることはありません。自分との相性が良いかを見極めることが重要となります。

★医学部を目指すなら東京の医学部予備校に行くべきか?★

2017.09.11

医学部予備校

医学部合格の近道と言われている医学部予備校ですが、地域によっては数が少なく親元を離れて通う必要がある人もいるでしょう。その場合、一番の選択肢になるのが東京にある医学部予備校だと思います。東京は日本の首都であり経済の中心地であるため、教育業界も一番発達しており大手をはじめとした医学部予備校が沢山あります。そのため、多くの受験生は東京の医学部予備校を選ぶと思います。東京の医学部予備校を選ぶメリットは、校舎が多いため自分に合った学習環境を見つけやすいです。競合性が高く各医学部予備校では質の高い指導を提供するために日々改善しており、全体的にレベル高いです。在籍している講師も大手予備校の映像授業を担当している人がいるなどやはり東京ならではの質の高さでしょう。また、東京は近隣を含めて多くの医学部があり、交通システムも発達していることから日帰りで説明会やオープンキャンパスに足を運べます。これは、受験の際も便利であり泊りがけの必要な医学部が少ないのも本試験中は負担が少ないメリットがあります。ただし、東京以外にも医学部予備校は沢山あります。名古屋、大阪、福岡など都市の規模が大きい地域には多くの校舎が開設してあるので、地元からなるべく近い地域を選ぶのも1つでしょう。また、関西の医学部は大阪の医学部予備校が実勢豊富な校舎が多い傾向にあります。したがって、自分が志望する医学部の地域にある医学部予備校を選ぶのも1つの方法です。そうすれば、オープンキャンパスや本試験の際もアクセスが良いので負担を軽減できます。東京以外でも医学部合格の実績が高い予備校は沢山あるので、比較サイトなどを活用して一度候補の地域の医学部予備校を探してみると良いでしょう。そして、入学前に一度足を運んで自分の目で確かめてみてから判断して下さい。

★大手予備校VS医学部予備校~医学部を目指すなら?★

2017.08.08

医学部予備校と大手を比較

医学部を目指す受験生で悩むのが学習環境選びだと思います。医学部を目指すには専門的な指導が受けられる医学部予備校の他に、大手予備校の医学部コースがあります。どっちが良いかは双方のメリット・デメリットがあるので相性の問題が大きく関わってきます。なのでここでは両者のメリットおよびデメリットを解説するので、自分にはどちらが合っているかを見極めてみましょう。まず、大手進学予備校は、医学部合格者数は圧倒的に多いです。ただし、合格率は公表されていないので果たしてどれだけの生徒がいて合格しているかは判断が難しいところです。しかし、合格者数が多いため情報量は豊富です。また、大手予備校は高額な報酬で有名講師を集めています。そのため、他校に比べると質の高い授業を受けることができます。また、進学校に通う優秀な生徒をはじめ現役生が多く通っているのが特徴で、医学部コースはハイレベルな競争が繰り広げられています。したがって、自分で勉強できる人が多く、柔軟なシステムも相まってマイペースに学習できる環境が用意されています。いっぽう、医学部予備校は、大教室で授業行われる大手と異なり、少人数制で丁寧に指導してもらえるのが特徴です。しかも、大手予備校で活躍する講師を非常勤として招聘している教室もあり、一流講師の授業を間近で受講できるメリットがあります。ただし、少人数であるがため学費は高額になりがちで、年間400万円以上の学費がかかることも珍しくありません。医学部合格者数では大手に負けるものの合格率では大手を圧倒している医学部予備校も少なくありません。少人数で丁寧に指導してもらえるだけでなく、厳格な学習管理によって自己管理が苦手な生徒でも豊富な学習時間を確保できるのが高い合格実績につながっています。医学部予備校と言えば高卒生が通うイメージがありましたが、最近は現役コースを設けるなど高校に通いながらでも効率よく学べる体制が整えられており、現役医学部合格が実現可能です。以上のように大手予備校と医学部予備校を比較してみましたが、マイペースに学習したいなら大手、自分に甘いから徹底指導を受けたいなら医学部予備校がおすすめと言えるでしょう。

★医学部予備校がない地方の現役生は通信講座もあり!?★

2017.06.28

医学部予備校の通信コース

医学部予備校は全国各地にあると言っても都市部に集中しているため、本気で医学部を目指す受験生は寮などを借りて都市部に集まってきます。しかし、高卒生は移動できるものの、現役生は高校があるので場所を移動することができません。自宅から通える範囲内の医学部予備校しか通えない制約があります。それでも首都圏にある実績豊富な医学部予備校などに通いたい現役生、あるいは自宅を拠点に勉強したい高卒生におすすめなのが通信講座です。医学部予備校の中には通学コースだけでなく通信コースも併設している学校が増えています。今は、ネット環境さえあればテレビ電話などを使ってあたかも教室で授業をしてもらえているような環境で学ぶことも可能です。また、通信コースは通学コースよりも授業料が割安な傾向にあります。学費が安いからと言って質が悪いということはなく、メールや電話などの間接的なサポートになりますが、いつでもフォローしてもらえます。通信コースが相性に遭えば、通学費や寮費を節約することができます。寮に滞在すると1年間で100万円以上の生活費がかかってしまうので、経済的負担を大きく軽減可能です。しかも、地方に居ながら首都圏のライバルと同じ受験対策ができるので質の高い勉強が可能です。ただし、通信コースの問題点もあります。現役生なら学校の友人などと切磋琢磨できる環境がありますが、高卒生は自宅で勉強することになります。したがって、人間関係が疎遠となりモチベーションの維持が困難になりがちです。しかも、自己管理が苦手な人だとなかなか勉強が進まないことも考えれます。したがって、通信コースを申し込むなら医学部予備校から定期的なフォローがあり、学習状況を細かく管理してくれるところを選びましょう。そうでなければ途中で挫折してしまうリスクが非常に高くなってしまいます。医学部予備校の通信コースは全国から受講できる画期的な学習スタイルです。地元に良い予備校がない場合は通信も候補に入れてみると良いでしょう。

★医学部予備校の種類を徹底分析★

2017.05.30

医学部予備校比較ランキング

医学部予備校とは、医学部に合格するための専門的な指導を行う進学予備校のことであり、受験者数増加・難易度上昇に伴い多くの校舎が都市部を中心に開校されています。したがって、各医学部予備校では生き残りをかけて様々な指導スタイルで生徒獲得を狙っています。そこで、ここでは医学部予備校をしるためにも種類別に紹介していきたいと思います。医学部予備校は一般的に、私立専門、少人数指導、個別専門などに分けることが可能です。それぞれ特長的な指導を行っており、相性が合えば大きく学力を伸ばすことができるので自分はどれが合うかをまずはチェックしてみましょう。

私立専門

医学部予備校で以外に多いのが私立大学医学部に特化した指導を行っていることです。私立であれば教科数が限られているため講師の確保が容易という運営面のメリットもありますが、入試傾向が私立は明確化している点もあります。私立大学医学部は、各校がカラーを持っており、対策をしっかり行えば合格できる可能性が高まります。したがって、志望校対策を怠るといくら学力があっても不合格になってしまうリスクもあるため集中して指導ができる私立専門は学習効率が良いです。また、私立一本に絞っている生徒は学力あまり高くなく、自己管理も苦手な人が多いです。そのため、学習管理が徹底しており手厚く指導してもらえる環境が整っているのが特徴です。

少人数指導

医学部予備校は大手予備校と差別化を図るために少人数指導をアピールしています。講師との距離が非常に近いので気軽に質問ができるだけでなく、講師側も各生徒の性格や理解度を把握しながら指導ができるメリットがあります。なかには大手予備校なら大教室でしか講義を行わないような人気講師から少人数で指導してもらえることもあります。生徒が少ない分、生徒一人ひとりに応じたサポート体制も充実しており、医学部合格率も高いのが特徴です。

個別専門

少人数指導が多い医学部予備校のなかで近年増えてきているのが個別指導に特化した予備校です。塾業界全体として個別指導のニーズが高まっており、医学部予備校も例外ではありません。講師からマンツーマンで直接指導をしてもらえるので学習効率の良さでは一番です。講師から付きっきりで指導してもらえるのは保護者にとっても理想のようで医学部予備校でも人気があります。個別指導なので学費が高額ですが、それでも需要が高いのは裕福な家庭が医学部を目指す傾向があることを反映しています。時間割も周囲に合わせる必要がないため、学校生活がある現役生からも人気の高い指導スタイルとなっています。自分だけのオリジナルカリキュラムで学べるので無駄がありません。

★合格まで一直線!医学部予備校比較ランキングで人気校をご紹介!★

2016.07.22

医学部予備校比較ランキング

大学受験において予備校選びは合否に大きく影響を与える重要な決断となります。人気講師による集団講義や映像配信講義を提供する大手予備校は、一般的な大学受験において高い効率性を提供するものの、医学部受験のような非常に高いレベルかつ狭き門を突破するためには長期間に渡って幅広い受験範囲を学習しなければならないことから少人数制で講師と生徒の距離が近い医学部進学に特化した専門予備校がオススメとなります。医学部予備校では、生徒一人ひとりの性格や学力に応じた授業内容をカスタマイズして提供するため、苦手分野の克服や得意分野をさらに伸ばす方法など密接にサポートしてくれます。進学したいと考えている志望校別の対策講義も、過去の出題実績を踏まえて分析し提供してくれるため効果的な対策を講じることが出来ます。特に過年度受験経験者である浪人生は、生活リズムの改善や精神面でのサポートも合格に必要なものとなるため、医学部予備校ではチューター制度や授業中に分からないポイントを質問できる環境から充実したサポートを受けることが出来ます。さまざまな医学部予備校が広く展開されている中、口コミ評判や合格実績で人気の予備校についてご紹介している「医学部予備校比較ランキング」がオススメです。当サイトを利用すれば、学費やメリット・デメリットについてなど幅広く情報を入手可能であり、これから医学部を目指す方は参考になるでしょう。

医学部 予備校はコチラ

URL:xn--0kq33cz5c8wmwrqqw1d.biz

グルテンフリーが大好きな私が医学部予備校を厳選紹介!

ページトップへ戻る

管理人情報

Copyright (C) グルテンフリーが大好きな私が医学部予備校を厳選紹介! All Rights Reserved.